人工透析

人工透析とは

人工透析とはのイメージ 人工透析には、血液透析(HD)と、腹膜透析(CAPD)の2種類があります。
広く行われているのが「血液透析」で、腕の血管から血液を取り、数万本の中空の繊維を束ねた濾過(ろか)装置に通し、体内に戻します。日本では患者の95%が受けていますが、週2、3回の通院のうえ、1回に4時間程度かかります。仕事などへの制約が大きく、次回の透析まで血中に毒素がたまらないよう食事制限も厳しくなります。

血液透析(HD)とは

血液透析とは、血液を体外に取り出しダイアライザーと呼ばれる透析器(人工の膜)に通すことによって、血液中の不要な老廃物や水分を取り除き、血液を浄化することをいいます。きれいになった血液は、再び体内に戻されます。

血液透析では、血管に針を刺して血液を連続的に取り出す必要があるため、簡単な手術によって、前腕の動脈と静脈を皮下でつなぎ合わせてシャントと呼ばれる血液の取り出し口を作ります。
1回の透析時間は4~5時間で、週2~3回透析施設に通います。
次の透析までの間に老廃物や水分がたまるので、食事制限を厳密にする必要があります。
一般的に、高カロリー低タンバクの食事で、水分・塩分・カリウムは制限します。

腹膜透析(CAPD)とは

腹膜透析とは、腹部にカテーテルを挿入して透析液を常時腹腔内に貯留し、腹膜を利用して毎日24時間連続的に透析をする治療方法のことです。

自宅や職場で透析でき食事制限が少なくてすみ、通院が月に1~2回ですむことなど血液透析と比べると、時間的拘束、地理的拘束が比較的少ないため、学業の継続、社会生活の継続が可能です。
一方、カテーテルが腹腔内に留置されているため、腹膜炎とカテーテル出口部感染の危険性があります。
そのためにバッグ交換(新しい透析液を入れること)時の清潔操作とカテーテル出口部の清潔に絶えず注意する必要があります。
また、通常一日4回、一回30分ほどのバック交換をしなくてはならないため自分自身の管理が、とても重要です。

人工透析の流れ

1. 準備作業

看護師や臨床工学技士が患者様一人ひとりの透析条件を確認し装置や薬液などの準備を致します。

矢印 2. 前体重測定

体重測定ユニットで体重をはかります。
透析前の体重をはかることで、前回の透析終了からの増加体重を計算し除水量を決めます。

矢印 3. 透析開始

透析中も看護師や臨床工学技士が皆様の状態や各透析装置の状態などをパソコン上で集中管理しております。
患者の皆様には、読書やTV鑑賞等にてお過ごしていただければと思います。
何かご不安などがございましたらすぐにお知らせください。

矢印 4. 後体重測定

再度体重を計測して終了です。
お気をつけてお帰りください。